TNR 2014

不妊手術の記録
TOP

そうこ (004)

GENERAL

キジトラ 2
TNR
2014年10月24日:避妊手術/ありむらペットクリニック(市川市)
場所:新田4丁目
医療費:7000円(自費:医療費実費の3分の1)

再保護→室内の飼い猫に。
2018年11月26日:えどがわ犬猫病院(江戸川区)
医療費:9700円(全額ねこ藩負担)

STORY

近所で有名な餌やりおばあさん=底なし沼の住人・重田さん宅から道を挟んだ向かいの倉庫に住み着いていた子で、ぼぼ・ナリ・チカの母親です。自宅の敷地以外で行った初めての捕獲でしたが、倉庫に立ち入る許可を得る為に法務局で倉庫所有者を調べることから始まり、倉庫所有者を訪ねて門の鍵を借りる、隣接する駐車場にも捕獲器を設置する為不動産会社と駐車場所有者にも許可をお願いする等、事前準備に2週間を要しました。捕獲は2台の捕獲器を使用し短時間で一家全頭捕獲できました。子猫3匹は保護&譲渡、そうこは術後現場に戻しました。おばあさんの依頼だったはずですが、個人ボランティアの三木さんからあなたも少しお金を出してくれと言われ、結局3分の1の金額を負担しました。リリース後は、おばあさんに毎日3回ご飯を貰い、また道行く人からもおやつを貰ったりして、倉庫敷地で暮らしていました。2018年11月、そうこちゃんを室内で飼ってあげたいという女性が現れ、そうこちゃんは4年間暮らした倉庫に別れを告げて、室内飼いの家猫となりました。

こまつ (003)

GENERAL

ムギワラ・縞二毛 2歳 3.6㎏
TNR→リリースから1年2カ月後再保護→飼い猫に(K-029)
2014年9月17日:避妊手術/えどがわ犬猫病院(江戸川区)
場所:新田3丁目
医療費:13300円(自費)

STORY

くりこがころちゃんを連れて戻って来た直後、隣家でご飯をもらっていた♂猫・福ちゃんのガールフレンドとして突然大きいお腹をして庭に現れるようになりました。この時点で堕胎手術も出来たのですが、近所の置き餌に次々と集まる野良猫にカチンときていましたので、存在を無視してしまいました。2カ月後3匹の子猫とこまつが常に庭にいるようになったので思いきって捕獲。3匹の子猫、ニア・ナナ・紅美は個人ボランティアIさんにお世話になり、こまつは術後、ハウス、トイレを設置した庭にリリースし、1年2カ月庭で世話をしました。ゴロゴロと慣れて甘えるようになったので、里親を探してあげようと2015年11月に室内に入れましたが、先に家猫となっていたくりことそれなりにうまくやっていましたので、様子見がダラダラとなり、結局、うちの2匹目の飼い猫となりました。

くりこ (002)

GENERAL

キジトラ 2
TNR→リリースから1年2カ月後再保護→飼い猫に(K-028)
2014年6月22日:堕胎&避妊手術/おおさき動物病院(船橋市)
場所:新田3丁目 医療費:10584円(自費)

STORY

きょうだい猫・キジ子亡き後ひとりになって、妊娠出産を繰り返しながら生き延びていました。しばらく姿を見せないと思っていたら、大きなお腹をして自分の子ではないと思われる(再妊娠のタイミングから判断)ころちゃんを連れて庭に戻ってきました。この時、ミジ子からくりこへと改名。ころちゃんは保護して里親を探し、くりこは堕胎&避妊手術後リリースしました。ハウス、トイレを庭に設置し、1年2カ月庭で世話をしましたが、猫風邪が悪化していたのと、同じく庭にいたこまつと相性が合わず居心地悪そうにしていましたので、2015年8月末に室内に入れ、家族として迎えました。

キジ子 (001)

GENERAL

キジトラ 1歳
TNR→リリースから1カ月後に自然死
2013年8月8日:避妊手術/そとねこ病院(豊島区)
場所:新田3丁目
医療費:8950円(自費・近所の方と折半)

STORY

近所でご飯をもらっていた若い子です。大きいおなかでしたが、その頃は堕胎手術という考えもなく、もぐ・とと・まさむねの出産を待って避妊手術に踏み切りました。きょうだいネコ・ミジ子(現在のくりこ)と一緒に過ごしていることが多く、2匹で協力し合い仲良く子育てをしていました。子供達の里親探しが終わった後、室内に再保護してキジ子の里親探しをする予定でいましたが、最後の子まさむねが貰われていった翌々日、隣家のバルコニーで自然死していました。もっと早く何とかしてあげていれば・・・ずっと後悔しています。小柄で可愛い子でした。この一家に関わったことがきっかけで、飼い主のいない猫(野良猫)の現状について真剣に考えたり調べたりするようになりました。